田舎と木造の注文住宅

私が木造住宅に決めた理由、それは友人の住まいに足を運び、そのときに木の香りがとても上品で尚且つとても心落ち着く心地良さを感じたことからでした。
実は20代の頃に主人と共に少々無理して購入した建売住宅も随分と劣化し新しく建て替える提案などもありましたが、ただそうなると費用も嵩張るし一度見積もりをしたときも今の住まいを売り払い新しく購入した方が安く済ませることが分かったんです。
もちろんその場合の土地の移動というのはありました。その頃に住んでいた土地はそれなりに需要のある土地で利便性なども考えれば明らかに素晴らしく人が集まる都市でした。ですが新しく建てることになったのははっきり言って田舎です。
ただ年齢も後半に差し掛かり最後くらいは静かな土地で暮らしたいという願望もありそれで田舎と木造の住宅に終始拘りを抱き始めたんです。そして見つけたのはかなり田舎の土地、建物は注文住宅で色々と自分たちの意向を盛り込みながら満足の住まいにすることができました。