一室空間タイプ住宅は節約家には向かない?

吹き抜け天井を持つ一室空間タイプの一戸建て住宅に住んでいる私から、吹き抜け天井を持つ一室空間タイプの一戸建て住宅をマイホームに検討している人に対してアドバイスがあります。それは「電気代は割り切ること!」ということです。

吹き抜け天井を設けたいのでしたら、電気代についてはある程度割り切ることをお勧めします。一室空間タイプの間取りのいいところは、空調管理を一度に行うことができるところでもあります。そしてもちろん、狭い空間でも大きな開放感を得られるところは、とても大きなメリットでしょう。

しかし、一室に使用する電気量はそれはやっぱり細々と仕切られている家よりも、多くなりますよ。ましてや吹き抜け天井があり、ひとつの空間が大きい一室空間タイプの家でしたら。「リビングをちょっとだけ冷やす」ということができなかったりしますよ。だって、ひとつのスペースが大きいのですから。

ただ、大きなスペースで家族全員が長時間過ごす場合は、電気代の節約にもつながりますから、一概にデメリットであるとは言えないと思いますが。生活を圧迫するまでではないものの、けれど細かく節約したい人には精神的に一室空間タイプは向かないかなーとも思います。