玄関には腰掛けが必要

私の家は、将来のことを考えてバリアフリーにしています。そのため当然のように玄関についても、バリアフリーなので、フラットの状態です。そのことから、車椅子でも入ることができる玄関としてとても自慢です。もしも時や友人で車いすを使っている人がいる場合など、とてもいいですね。
しかし一つだけこれを備え付けとして作ったらよかったというそんなところがあります。それはなんといっても、玄関で靴を履くときに履きにくいので座れる場所が欲しかったと思うのです。
椅子を置くことも考えましたが、椅子を置くことにより玄関が狭くなりますね。せっかく広々とした玄関としているので、そのことが戸惑いがありました。
そのため、できれば腰を掛けることができる木の椅子を作ればよかったと思っているのです。特に母親がきた時などは、玄関で靴を履く時にとても辛そうなので考えるようになっています。家というのは、便利さを考えて作ることがとても大切ということですね。